なぜLINEが良いのか?

 

SNS比較

・WEB環境がスマホ中心の社会に⇨スマホからのアクセスに対応していることが重要( スマホからのアクセスはPCの2倍)
・利用者数7600万人(毎日利用70.8%※ LINE Corporation 2016/1/28出典)
・国内ユーザー数NO.1
 この中で一番利用者数が多いのがLINEです。
 
 
LINEは1対1の双方向コミュニケーション機能が一番充実しています。
 
LINEはほぼ全ての年齢層、職業、地域で普及しているため、SNSにありがちな若年層の利用者にしかアプローチできないという弱点がありません。
今まで紙媒体でしかアプローチ出来なかった年齢層にもアプローチ出来ます。
 
一方、youtubeはコミュニケーションよりも認知度アップの広告宣伝に向いています。
 

メールと比較して 

LINEは迷惑メールがない、大量のメールに埋もれることもない、実在のアカウントしかありません。  

 

LINE

メール

到達率

60%

3%

ユーザー反応スピード

10~

送れるコンテンツ

テキスト
スタンプ
画像
動画

テキスト
画像

リアルタイムコミュニケーション

出来る

難しい

スマホフレンドリー

登録方法

ワンクリック

アドレス取得

 
ユーザーからの反応スピードもメールの10倍以上!
スピーディーに商談を進められます。
 
・1:1チャットでより身近にお客様とリアルタイムにパーソナルアプローチが可能なので、お問い合わせからクロージングのサイクルが早い為、お客様の購買熱がHOTな内に商談を勧められます。その為、成約率アップ効果が期待できます。
 
・トモダチ追加が簡単に出来る(メールアドレス記入などの手間がない)のでユーザーを追加しやすい!
 
今までの集客をメール誘導からLINEに変えるだけで、成約率を3〜5倍にすることも可能です!
 

LINE@の機能

テキストメッセージ(フリーは1000通まで)

1000通とは、100人に10回、1000人にメッセージを送れば1回きりになってしまいます。
LINEを最大限に活かす為には顧客を囲い込み情報を定期的に送ることが必要ですので、これから本気で多くの顧客を集めていくのならベーシック以上のプランをお勧めします。
 
 

リッチメッセージ(ベーシック以上のプランで利用可)

現在、情報伝達は「テキスト」から「画像」へと進化してきています。
特に最初のアプローチにはビジュアル化が有効です。
最初から文字だけのメッセージは読んでもらえる確率が大きく減ります。
 

動画メッセージ

 

属性ターゲティングメッセージ

 

タイムライン投稿

・動画配信も可能
・後から編集・削除も可能(メッセージは後から編集・削除不可)
・URLリンク自動生成⇨リッチメッセージからの誘導などが出来る
 
 

クーポン作成機能

・抽選機能
・リサーチページ(アンケート+プレゼント機能)
 
こんなに便利なLINE@ですから、既にLINE@で顧客とのコミュニケーションを取られている方も多いと思います。
 
しかし、そんなLINE@にも出来ない機能が結構あります。
「こんな機能があったらいいのに・・・」という、かゆい所に手が届かないもどかしさを感じていらっしゃる方も少なくないと思います。
 
また、ここまでの機能でもかなりのことが出来ますが、それぞれの機能がリアルタイムで入力設定が必要な為、どうしても管理するのにマンパワーが必要になります。
 
そこで、
 
それでは、LINEオートメーションツールを使う事で出来るようになることをご案内致しましょう。
 

最も大きな特徴は、

その他にも
・特定の人に一斉送信
・ステップ配信
・自動応答メッセージ
・顧客分析管理(ステータス付与、タグ付与)
・シナリオメッセージ機能
・複数の担当者で管理
簡単に言うとこんなことが出来ます。
これらの機能を活用することで、顧客管理、セールスをほぼオールオートメーション化することが可能です。
 

その結果・・・ 

【顧客への通信費の削減】

・囲い込んだ顧客への通信コストが実質ゼロにできる
例)顧客データLINEで管理することで・・
年間10回1000人の顧客に通信した場合
 DM:100万円(1通100円×1000×10)⇨0円
 電話:60万円(携帯へ1通話3分以内60円×1000×10)⇨0円
 年間160万円のコスト削減効果
 

【人件費の削減】

・人間の仕事を格段に減らせる
・人件費を削減できる
例)車検の電話受注営業人員
年間人件費:240万円(月給20万円×12ヶ月)⇨0円
 

【人的ミスの軽減】

・送信漏れや伝え忘れ
 

【時間の節約】

・顧客との送受信スピードはメールの約20倍!
といった多くのメリットが生まれます。
 
 

LINEの上手な使い方

①シナリオ機能

いくつかの選択肢を持つメッセージを送信できます。
LINE友達が選択肢を選択することで、別のサイトに移動させたり次の質問メッセージを送ったり、日時選択をしてもらうと言ったアクションを設定できます。
それらのアクションを連続させたものがシナリオになります。
 
この機能を利用して最初にシナリオを作成しておけば、問い合わせから購入申込みまでをオートメーション化することも出来ます。
 
 

 
 

 ②顧客管理

顧客情報(プロフィール)

LINE友達の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、LINEニックネーム、キーワード(タグ)等を入力出来るフォームを実装していますので、本名とLINEニックネームの関連付けや別の連絡手段の検索等が簡単に出来ます。
自由入力のメモも入れられますので、顧客別の情報も保存しておけます。
 

 

タグ別メッセージ

タグで絞り込んだターゲットの友達だけに送れます。
例)見込み客と既存客を同時に管理できます

 
  成約客(顧客管理) 未成約客(集客)
集客   商品リテラシーステップメッセージ
  Q&A
  サービス案内
  お客様の声

顧客管理
成約お礼 セール情報
お勧めオプション案内 イベント案内
車検予約案内  
保険満期案内  
お得意様限定セール  

 

 
 

LINEオートメーションツールを使えば、上記のLINE@プロプランで設定できるセグメント属性だけでなく、「VOXY」「成約客」といったタグ付けが出来るので、絞り込んだターゲット別にそれぞれのニーズに合わせた情報のみ届けることが可能です。
 

顧客は要らない情報を受け取るとその媒体に拒否反応を示します。
 
属性付け(仕分け)⇨属性に最適な情報を発信⇨顧客の関心が高まる⇨商品販売ページへ(成約率アップ !)
 
特におすすめの機能は

基準日相対スケジュール配信機能

【プロフィール毎の個別指定日にメッセージを送る機能】
例1)アフターフォロー

商品を購入して頂いた顧客に対して、1か月後にお礼メッセージ、3か月後に使用の感想確認メッセージ、6か月後に関連商品セールスメッセージ、1年後に代替え商品案内メッセージといったように、自動で定期メッセージを送ることが出来ます。
 

例2)車検

プロフィールに車検日を設定しておけば、1年前、半年前、3か月前、2か月前、1か月前、1週間前のタイミングで、それぞれ違う内容のメッセージを送ることが出来ます。
 

 その他

・誕生日におめでとうメッセージを送る
・保険満了1か月前に案内を送る
など、使い方次第で顧客との接触頻度を高めることが出来ます。
顧客とのコミュニケーションをオートメーション化することで、漏れなく、適切なメッセージを適切なタイミングで送れるようになります。
 
  

③メッセージ機能

一斉メッセージ

テキストメッセージだけでなくリッチメッセージや動画リッチメッセージなども一斉メッセージできます。
 

・LINE友達限定の情報やプレゼントを用意し、プレミアム感を演出することでファンを育てる
 
 
顧客全員にキャンペーンやセールの案内を一斉メッセージを送る
 
・成約客にお礼メッセージを送る
・見込み客に再アプローチメッセージを送る
・LINEに囲い込んだ顧客を各種サービスへと誘導する
 

ステップメッセージ(数日おきに段階的にメッセージを送信できます)

友達追加時などの指定日からスケジュールを組んでメッセージを送信できます。

・自社商品に対する情報を段階を踏んで送ることでより理解を深める
・商品の説明を数回に分けて送る
 

②集客ツール

店頭、ホームページ、チラシ、DMなど、様々な集客媒体でLINEの友達追加に誘導することで集客ツールとして活用できます。
LINEに顧客を集めることで、顧客とのコミュニケーションがより円滑に出来る様になります。
 
   

外部SNSと連携

リッチメッセージ
・自社の商品販売ページへ直接リンク
・Youtubeチャンネルへリンク
・商品紹介動画を作成し、リッチメッセージで動画urlへリンク
 

リターン率アップ例)

紹介キャンペーンやセール情報などの一斉送信やスタンプカード機能を使った囲い込みが自動で出来ます。

 

導入プランのご案内

作成メニュー

お申込み・お問い合わせはこちら